香水作り ジャスミン

  • 2014.08.25 Monday
  • 18:05

ジャスミンの精油はとっても濃く、甘く、魅力的な香りです。

女性的なのはもちろんですが、その香りの力強さは男性的ともいえます。

心の隙間を埋めるべく、心もとない時などはしっかりとした支えになってくれます。

甘く幸せな感覚をもたらし、少量では男性にも女性にも媚薬的にリラックスさせてくれます。

肉体的な働きというよりは、香りによる感情への働きが大きいので、香水で楽しむことに向いています。


私はとても気に入っていて、外出する時に香水として使うのですが、

今回は普段使いの軽いコロンを作ってみようと思い立って作ってみました。

使った精油は
ジャスミン 3
ベルガモット 6
オレンジ 3
ローズウッド 3
ラベンダー 2
プチグレン 3

合計20滴

濃厚なジャスミンの甘さの奥に、なんとも清々しい透明感のある香りができました。
iPhoneImage.png

香水作りって楽しいですよ。

自分だけの香りを作ってみたい方はHPをご覧下さい。

オーダーもお受けします。

HPはこちらをクリック!


 

セイクリッド・アロマカード 6、グレープフルーツ

  • 2014.07.21 Monday
  • 13:25

6、グレープフルーツ
〜ABUNDANCE  豊かさ〜

滋養一杯の恵みが.ありあまるほどに実り満たされています。あなたの持っている豊かさ、幸福に気づいてください。

あなたを必要としている人はたくさんいます。日常のどんな些細なことでもあなたは持てる才能を出し惜しみせず、毎日ただ思いっきり発揮させていけばよいのです。豊かなパワーをもっと誰かに分けてあげて下さい。
〜言の葉〜
空っぽになってみると、全てはうまく行きます
そのままのあなたが大好きです

以上、解説より抜粋

〜〜ここからは松本が書いています〜〜
カードの絵から爽やかで明るい心地良さが伝わってきます。
海と太陽、グレープフルーツの香り。
この絵に海があることがとても開放的な広がりを感じさせます。

柑橘系の精油はどれも、気持ちを明るくします。
太陽をいっぱいに浴びて育った果実ですから、太陽のエネルギーも働くのでしょう。
柑橘系の中では、オレンジは甘さがありベルガモットは少し渋く落ち着きがあります。
グレープフルーツと言えばすっきり爽やかな歯切れの良さがあるので、気持ちを切り替えるリフレッシュに向いています。

解説に、空っぽになってみるとうまくいきますとありますが、持っている考えを捨てるというのはなかなかうまくできなかったりします。頭の中を統制するのには、コツが必要です。そんな時は、物理的にため込んだ物を捨ててみるというのもいいと思います。無理な断捨離は副作用があると言いますから、適度に。一食だけ抜くプチ断食とか、身体の中を綺麗にする事もいいかもしれません。
(持っている考えを捨てるのに「セドナメソッド」といったものもあります。お役にたつ方もいるかと思います。続きのブログで紹介します)

 
海で連想したのですが、グレープフルーツに塩ってとても合います。
ソルティードックと言うカクテルがありますし、サラダなんかもすっぱいドレッシングに合います。
今日は海の日なのでそんな献立もいいなぁなんて。(笑)

 

25 サイプレス 

  • 2014.06.11 Wednesday
  • 08:30


25 サイプレス 至高の波動

心に無理をしてごまかしているところはありませんか。うそ偽りはないですか。あなたの闇の部分に今まさに光がだろうとしています。もし秘密があれば、もうこれ以上隠すことはできません。まことの光がまぶしく照らし、あなたの真実の姿があらわれれます。
 包み隠さずに全ての蓋をはずし、霧や雲に覆われて見えなくしている心を祓い清めて、志を新たにしましょう。
自分の本意を自覚し直すと、迷いがとけて本心に還ります。何かに向かうときの姿勢や態度を、明確にする必要があるのかもしれません。また、あなたの使命に目覚める時期かもしれません。

以上、解説より抜粋。

〜〜〜ここからは松本が書いています〜〜〜
すみません、続きは夜に書きます。。。

それで、只今書き足しています。
まず、この絵ですけれど、女性器に似ているなという印象。それで描きたかった事があるのですけど、以前、心理系のワークショップで描いた絵をシェしている時に、このような形を描いた女性がいて、先生は女性器を思わせるといい、彼女は確かその後間もなく出会った人と結婚して赤ちゃんができていました。

このカードに少なからずそんな意味があるのではないかと思ったのです。
タモリさんが描いた安産のお守りもきっとこれに似ているのでは?
周りはサイプレスの森でしょうけれど、見れば見るほどそう見えてきます。

サイプレスの精油は月経周期を整えるといわれますし、生命に関わる感じがします。
なのでこのカードは女性性というもう一つの側面があるように思います。
それはジャスミンやローズのような匂い立つセクシーさというよりも、生命体としての女性という感じかな。
ちょっと上手く言えなくて申し訳ないですけど。

更新時間も次の日になってしまって申し訳なかったですけれど。。。



 

15 レモン 

  • 2014.06.07 Saturday
  • 14:18

15 レモン 〜遊ぼうよ.収穫〜

人との関わりを大事にすることや丁寧な人付き合いは、とても素晴らしいことです。そういうあなたの親切で暖かな人柄は皆とてもよく知っています。今までの信頼関係が実を結でしょ。
でも面倒見の良い.思いやりや気遣いは知らないうちにあなたに負担や無理をかけていることがあります。

人の代わりには決してなれません.なってもいけません。

あなたらしいわくわくするようなリフレッシュする秘訣を見つけて、のん気に鼻歌まじりで心軽やかに過ごしましょう。好奇心に目をきらきらとさせ心遊ばせていると素敵な閃きがギフトとして降りてくるでしょう。

以上、解説より抜粋。
〜〜〜ここからは松本が書いています〜〜〜
必要以上に人を心配したり、面倒を見る行為は親切とは言えません。こんなにやっているのに報われないな・・・と思うのならやり過ぎているのです。見返りを求めてする行為は受ける方も負担です。目に見えない(口にしない)暗黙の脅迫。こんなやり取りは気持ちが悪く、なんか嫌な感じとして伝わります。
「してあげたい!」と考えもせず無条件に溢れ出た行為なら、与えた後になんか欲しいなどとは思わないし、むしろそれが嬉しいはずです。交換条件の「してあげる」は、表にはっきり出してしまえばなんてことないんですけど、口に出さずにそうして欲しいという願いを持ってすれば不健康な感じになってしまいます。

その表に出ないモヤモヤは言わないでいると二人共に流れます。非常に不健全で気持ちの悪いエネルギーですが、それを余す事無く全身で感じて引き受けてみると、スーッと消えて行きます。嫌だなーと思って何となく浅くしか感じないでいるといつまでたっても気持ち悪いまま。。。健全な境界線が確立されていれば「No!」と言えるし、エネルギーに敏感なら最初から受け取らない(話しに乗らない)事もできますが、受けてしまったら全身で引き受けましょう。

その後で、レモンの香りでもかぎましょうか!(笑)

ワクワクやルンルン(古い!)などの良い感じをセンサーにして、楽しい事をする時間を増やしましょう!



 

16 クラリセージ

  • 2014.06.03 Tuesday
  • 08:31

16 クラリセージ
〜女性性、直観の回復〜

あなたはそのままで美しく完璧な天衣無縫な存在です。この世にたった1人の祝福された.かけがえのない命の輝きです。
女性の身体は月に1度、心と体を浄化し安定させる.自分をリセットするための大切な時間が遺伝子に組み込まれています。自然とあなたを再び強く繋がり直す、本来とても神聖な時間です。あなたの体は自然のペースに沿って育てられた旬の食べ物を必要としています。便利で簡単、面倒だからとごまかさないで、自然な食生活をするように見直し、過食せず健康に心がけましょう。仕事や家事に追われ、忙しくゆっくり話もできないと、人間関係もすれ違い気味になってしまいます。神経が近所してこわばりいつの間にかストレスがピークになっていることもしばしばあります。

たおやかな女性らしさ、慈しむゆとりある心持てるよう、あなたの内側をゆっくり豊かに育んでいきましょう。

〜言の葉〜
道に迷いそうになったら私(クラリセージ)のことを想い出してください

以上、解説より抜粋


〜〜〜ここからは松本が書いています〜〜〜
ブログをかこうと思い、カードが入った箱から解説本を取り出したらこの二クラリセージのカードが飛び出してきました。
好きな満ち欠けするように体にもリズムがあることを忘れそうになることもあります。
体を生活に合わせるのではなく、自然のリズムから起きてくる体と寄り添って生きていたいものです。
便宜上、人は心と体を切り離し、身体に対して横暴に振る舞う事もあります。
一番身近な身体に対して優しくしてあげたいと思います。



 

17 パチュリー 

  • 2014.05.30 Friday
  • 17:49

17 パチュリー
〜シャーマニック・ヒーリング〜

偶然のような必然のような、魔法の様に不思議で、思いがけない出来事が次々とおこるかもしれません。
大地の力強い、命の息吹があなたを支え守っています。
あなたのイメージ力はとても強く、現実となりやすいので、常にクリアでポジティブな願望を心がけましょう。
〜言の葉〜
自分自身を信頼して、自己の中心にでください
時が満ち、創造性が湧き上がります

〜〜〜ここからは松本が書いています〜〜〜
パチュリーの精油はとても特徴的な香りがします。よって好き嫌いが大きく分かれるところです。湿った苔や土を思わせる大地のような香りが気持ちを落ち着けてくれます。メンズの香水に使われることも多くオリエンタルな雰囲気の香りです。
アロマテラピーでは好きな香りを選ぶ事が大切ですから、好まない方にはお勧めしませんが、この香りを快く感じる場合は力強さや、安定感が増しグラウンディングを助けるでしょう。
このカードの絵のように、鬱蒼としたジャングルでシャーマニックヒーリングを受けたなら・・・それはそれは興味深いです。この絵を見て思うことは、環境全てがヒーリングしているということです。自然に入るだけで体は緩みます。アロマテラピーは、その自然の部分を担ってくれます。


 

24 ブラックペッパー 女性性

  • 2014.05.29 Thursday
  • 08:29

24 ブラックペッパー 〜女性性〜

あなたはあまり過去を振り返らず、いつまでもグチャグチャと留まっているのも好きではないでしょう。
今に生きる、強い潔さを持っています。

〜言の葉〜
休息の時を終え、いよいよ動き出す時がやってきました

以上、解説から抜粋

〜〜〜ここからは松本が書いています〜〜〜
女性は男性に比べると感情的で、激しくヒステリックになることもあれば、冷淡だったり無気力、鈍感にもなります。ヒステリックな時も無気力な時も、そんなときは内にある本当の自分自身とも、自分の中にある温かさからも切り離されている事でしょう。一旦落ち着いて、時間をとって、深呼吸して、体に意識を向けて、心と体を合わせてみましょう。自分の中に落ち着いた静かな場所を見つけることは、とても役に立ちます。無理に何かをするのではなく、本当の自分自身から起きてくる衝動に注意深くなって、どんなに小さな事でもいいのでそれに従ってついて行ってみる。頭では分からなかった深い場所からの誘いが思いもよらぬ自分の居場所へと誘ってくれるかもしれない可能性!そんな事にわくわくします。


 

29 ネロリ 

  • 2014.05.23 Friday
  • 23:14

29 ネロリ 〜バランス〜

心は陰陽両方の性質を持っていて、行ったり来たりしながらバランスをとっているものだと思います。表裏一体、単純にどちらが良いとか悪いとか判断できないことも多いものです。
人はポジティブに考えることよりも、ネガティブに考えることの方が得意だと言います。自分で勝手に悪い妄想膨らませがちです。

〜言の葉〜
ゆっくりでいいから
自分の中の大好きなところをひとつひとつ数えてみて

以上、解説より抜粋
〜〜〜ここからは松本が書いています〜〜〜
ネロリとはビターオレンジの花で、少し苦みのある癖のあるような香りですけれど、上手く濃度を調節できたり、ブレンドできればそれはそれは素晴らしい香りとなって、とくに気分を安心させます。
精油でバランスと言えばゼラニウムが浮かびますが、ここではネロリについているサブタイトルなんですね。
カードの絵はなんとも明るく美しく、ネロリらしさがあふれています。

いたずらに何かを恐れれば、それは力を持ってどんどん大きくなっていきます。
恐れを超えて現実をじっと見つめることができたなら、心も体もずっと心地良くなります。
自分を好きになるとは、自分が感じていることすべて認め許すこと。どう感じたっていい、だってそう感じるんだから。それのどこが悪いのでしょう。こうあるべきだという概念が正誤を作り出します。感じることに正しいも間違ってるはありません。
全てを口に出す必要はありません。徹底的に自分を許していく ことから始めましょう。


 

19 ミルラ 再生への導き、啓示

  • 2014.05.22 Thursday
  • 08:29

19 ミルラ 〜再生への導き、啓示〜

大きな区切りの時を迎えています。

いろいろな意味で終止符を打つような転機の時期に来ています。

これは愛によって保護された浄化と再生です。

命は愛によって育まれています。

再生に向けての準備です。

以上、解説より抜粋

〜〜〜ここからは松本が書いています。〜〜〜
人生の危機の様な時はもう、運命に押し出されるように勝手に事が起きてくる。
嵐が来た時にダメージを受けるのは、壊れるべき条件の重なった部分だ。
神様なんておらず、自分なんかちっぽけで、だれからも相手にされず、世界は冷たいと感じる。
そんな困難な時にもがき苦しみながら、どうしたら良いのだろうと手探りでがむしゃらに答えを探そうと必死で探し学んだ事などは、計り知れない程のかけがえの無い自分の血肉となる。
それはまるで冬にはただの枯れ木に見える桜の木が、春になると満開の花を咲かせるのに似ている気がする。
辛さから得るものは大きいが、たしかに辛い。。。
日にち薬とは良く言ったもので、こういう事は後になればなんともないんだけれど、困難を生きるとき、信頼できるセラピストや情報、リラックスできる場所や環境、なるべく自分をくつろがせ慰めになるような事を用意して、ほんとうの自分はどうしたいのかに従い、自分に優しくしてあげてください。


 

21 ローズウッド

  • 2014.05.21 Wednesday
  • 08:30


21 ローズウッド 
〜変容、融合〜

人は同じ気持ちであって欲しいと期待してしまいがちですが、それは勝手なエゴです。

人は調和を求めるからこそ、違いに対して敏感なのかもしれません。

バラバラの個性が集まり、ミスマッチさが新しいものを作り出してゆくのです。


言の葉
右でも左でもない
ちょうどいいバランスの心地良いところ
そんな場所を探し続けるのが生きていくこと

以上、解説から抜粋

〜〜〜ここからは松本が書いています〜〜〜
ローズウッドの精油は大人であれば禁忌が無く、どんな場面にでも使いやすい精油です。
ウッディーでいて爽やかな香りは広く好まれています。
この、誰にでも好かれ親しまれるというところでは、人であればなかなかそうはいかないもの。
個性はどうしてもあるし、またそれがユニークで面白いのですが、ただ、調和という事になると、この個性がやっかいな時があります。
自分もそうだし、他人もそう。
こうあるべきという決まりを持っていて、それを目指している時は特に、それ以外の事を許せない気持ちになります。
この葛藤が作り出す体の違和感やエネルギーのやり取りといったら大したもので、観察すれば容易に気づくことでしょう。
人との関係で人を責めたくなったときなどに、「私は正しくありたいのか?、仲良くしたいのか?」この質問は自分を正当化しようとしていないかどうかを見るとき役立ちます。





 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM